「ごめん、愛してる」2006年03月17日 03時31分51秒

韓国ドラマ「ごめん、愛してる」を観終わりました。
最後の方はうるうる泣いて泣いてほとんどかすんだ状態で観ました。
でもやっぱりラストシーンは納得できない!
(以下ネタばれありなので、まだ観ていない人は読まないでくださいね。)

どういうお話かというと、韓国の有名な女優に出生直後に捨てられオーストラリアで成長した息子(ムヒョク)が韓国にもどってきてお母さんを知り、愛情と復讐の間で葛藤し、最後には不治の病で死んでしまう話です。
すっごいベタな設定でしょ?
不治の病がまた理解不可能な病だし、時々鼻血を出して苦しむのだけど、「ウソ!そんな病気ありえないよ!」と思いながら観ているとなかなか感情移入できなくて困りました。ま、きっかけは事故(?)なので、正確には病ではないのですけど。

でもでも!!!
ムヒョクが静かに時には叫びながら着実に死にむかって準備していく姿は本当に泣けます。そして彼に一時のやすらぎを与えてくれた女性(ウンジュ)との恋にはきゅ〜んとなります。ウンジュって本当に彼を信じているのよね。彼がどんな女性と立ち去っても動じないのですもの。。。
(他の女性と立ち去り過ぎ。。。)
(それにしてもウンジュってくちびるがかわいい!最後の方はやつれてしまったけど、ユン君に片思いしていた時はかわいかった。ちょび髭やーさんムヒョクも意外に好き。)

子供ってあんなにお母さんを求めるものなのでしょうか。。。会ったこともない記憶もないお母さんにあんなに無条件な愛情を持つことができるのかしら。。。
と、思ってしまうのですけど、冒頭のプー太郎風のインタビューシーンが、きいてくるのですよねー。
韓国ドラマって、いつも思うのだけど、設定がベタでちょっと無理があることが多いけど、ドラマの盛り上げ方や音楽の挿入、芸術的な映像は秀逸ですよね。丁寧に描いている感じ。
(あと、私としては、日本のドラマでは「主人公はいつ仕事してるんだろう?」と思うことが多いのだけど、韓国ドラマではみんなちゃんと仕事していそうなところが好き。ムヒョクはプー太郎設定だったから仕方ないけど。)
雪の華が、いいところでものすごく効果的に歌詞も交えて流れるのです。もう、制作者の意図のとおり泣かされてしまいます。
彼が息子だと知らないお母さんが無神経な言葉を連発するたびに「なんだこいつ」と思うのですが、最後にはお母さんもいい人だとわかるし(単に無神経で天真爛漫なだけ)、悪者のようだったジャーナリストのおじちゃんも「それなりにいいとこあるじゃん」と思わせるシーンがあるし、最後にはなんとかまとまってよかったのですが。。。
(ウンジェのお父ちゃん、いつか罰をうけてね。雰囲気いい人そうなのだけど、あなたが一番悪者よ。)

やっぱりやっぱりラストシーンは解せません。ウンジェがムヒョクのお墓の横でジュリエットの心中のように自殺(?)するのですが。。。
だめだよ!ウンジェ!
ムヒョクは、生きたくて生きたくて、死ぬことが無念で無念で慟哭していたんだよ!
それなのに、生きたくて仕方のなかった人の横で自ら命を断つなんて、私には信じられない!(それにしても、なぜお墓がオーストラリアに?)
タイタニックのローズのようにしぶとく人生エンジョイしてこそ彼のためになるのではないかしら?
ユン君はまずいにしても、誰か他の人と恋して子孫残しなさい!

そういうわけでラストに不完全燃焼してしまい、テレビに向かって叫んでしまっていました。

でも、愛するだんなさまに、「私が死んだら誰か他の人としあわせになってね」とは言えないだろうなあ。。。「ぜえったいに、一生、私のことだけを偲んで生きて行ってね」と言い残しそう。。。

センイルパッティ2006年03月17日 03時14分40秒

今日はハングルコンブチング(ハングル勉強友達)のsaraさんのセンイルパッティ(お誕生会)をしました。
メニューは、

先生のお手製のキムパップ(韓国のり巻き)
わかめスープ(韓国では誕生日に必ず食べるそうです)
ジャージャーメン(ドラマ「ごめん、愛してる」の中にでてきます。)
トッポッキ(韓国餅を甘辛く煮絡めたもの)
ワッフル(ハングルで、「お菓子の貴族」と書いてあるのがおもしろい)
ma-yanさんお手製のケーキ(デコレーションがかわいい!)
不詳とまとのケーキ(なぜかひな祭りデコレーション)

でした。
特にキムパップは、すっごくおいしかったです。彩りもきれいだし、ほんのりごま風味で野菜がたくさん入っていてあっさりしていて、一口で食べやすくて。。。
そして、「ごめん、愛してる」を観終わったばかりのとまとにとっては、うるうるくる食べ物でした。
楽しくってお腹いっぱいで、つい勉強をさぼってしまいました。先生、ごめんなさい。

saraさん、おめでとうございます!
これからもパワフルなsaraさんでいてくださいね。

韓国料理をごちそうになりました2006年02月24日 23時01分53秒

ハングルの先生のお宅で韓国料理をごちそうになりました。

いろいろな種類のキムチ、田作りみたいな小魚の甘露煮(これも辛い)、そして、キムチチゲ。すべてめちゃくちゃおいしかったです。

キムチ類は先生のお母様が韓国から手作りのものを送ってくださったもの、とのことで、まさに韓国の「お母さんの味」です。キムチはどれもすごく辛いのですが、どれも味わい深くてそれぞれとてもおいしいんです。特に、干し魚をつけ込んだものは(魚の名前って難しくてよくわからないのですが何種類かあります)、それぞれかなりよい味でした。それに、キムチチゲは特に味わい深くて、複雑で濃厚な味。キムチを炒めて豚肉やキノコ類を入れただけとは思えない複雑な味でした。(作り方も教えてもらいました。まずキムチを炒めて豚肉を入れる。一緒に炒め、水を入れふたをして沸騰させる。キノコ類、唐辛子、タマネギ、ネギを入れてできあがり。) 辛かったけどものすごーくおいしかったです!

さあ、ハングルで言ってみよう!

モンジョ、キムチルルボッコスムニダ

トゥェジコギルル ノッスムニダ

カッチ ボッコスムニダ

ムルル ノッスムニダ

トッコヌル タッスムニダ

ックリムニダ

ボソッ、コチュ、ヤンパ、パ、ノッスムニダ

メプジマン、ノムノムマシッショスムニダ

片仮名で覚えちゃだめといつも言われているのですが、このブログにはハングル文字が書けないのでゆるしてくださいね。

ロンド:live up date2006年02月05日 21時52分32秒

ふう。やっと終わったわ。疲れたー。手を握って力がはいるので、みているだけなのに筋肉痛だわ。でも、先週のようなミッションインポッシブル風のところはなかったわね。

警察官が自己防衛にしてもあんなに発砲していいのかしら? 相手は死者もでた雰囲気だったわよ。 敵方にはいっていくのになぜコロンボ警部風な服装だったのかしら。

それにしても今週は突然シン・ヒョンジュンのファンになっちゃったわー。かっこいいー!

ロンドlive up date2006年02月05日 21時49分35秒

やっぱりシン・ヒョンジュンかっこよすぎー! 背中にしょっているあのエスニックな音楽がいいわー。 話はうまくつくってあると思うけど、ちょっと難しいかも。 確かに、真剣にみていないとついていけないのは日曜日の夜にはきついよねー。

ロンドlive up date2006年02月05日 21時34分35秒

シン・ヒョンジュン、かっこいー!!

コチジャンの肉味噌あえ2006年02月02日 00時23分52秒

前回先生のお宅にうかがった時にいただいた、コチジャンでつくった肉味噌あえがとてもおいしかったので、真似してつくってみました。

先生のは甘かったのですが、家にあったコチジャンが辛口だったようで、すごく辛いものが出来上がってしまいました。先生に教えていただいたレシピでは水飴が入るのですが、家に水飴がなかったのでかわりにみりんと蜂蜜を使ったのでそのせいかもしれません。でも、旦那さまは結構よろこんでくれて(←辛いもの好き)、とまともそれなりに満足しました。

ごまちが大人と同じものを食べるようになってからは、子供と大人の食べ物を分けて作るのが面倒で辛いものはほとんど作ったことがなかったのですが、お母ちゃんが韓国料理にはまってからは辛いものが食卓にのぼることが増えました。お父ちゃんは喜んでくれているのですが、必然的に、大人用・子供用・離乳食、と3種類作らなければならなくなったのでお母ちゃんは少しばて気味です。

でも、韓国料理のよいところは、作り置きができること。たくさん作って冷蔵庫に保存して、ちょっとずつ食卓に出せるのがいいです。なんといっても野菜をたくさん食べることができるし。 今日は他にもやしのナムルも作ってみました。これも数日に分けて食べてもらうつもりでしたが、結局今日だけで無くなってしまいました。家族に好評でうれしいような、複雑な気分です。