今朝焼いたパン2008年10月02日 19時36分53秒

ばたばたと忙しかった夏の後、やっぱりばたばたと忙しい日が続いて、なかなか天然酵母のパン作りを再開できませんでした。
とーっても久しぶりに酵母をおこして(といってもホシノ天然酵母だから別に難しくはないのですけど)、作ってみました。

う、うま〜い!!!!!

こんなにおいしいパンは久しぶり。
自画自賛、私って天才!

とにかく、おいしかったです。

やっぱりホシノ天然酵母ってすごいですね。

ごまちは小学校に行っているし、ごま2は幼稚園のプレクラス、
ごま4は眠っているし。

私一人でこんなにおいしいのを食べていいのかしら。

お父ちゃん、おいしくできたのを半分のこしているから、
早く帰ってきてね〜!

失敗作2008年01月22日 15時25分39秒

我が家に新しくやってきたオーブンの使用感に大満足のお母ちゃんは、オーブンレンジに添付されていた作り方で作ったパンがとてもうまくできたので気を良くして、今日は天然酵母で作ってみるつもりでした。
ご存知のように、天然酵母のパンは、一次発酵にずいぶん時間がかかります。
昨日の夜遅くまで種をこねこねしてオーバーナイトで一次発酵、朝一番でパンを焼く予定でした。
ところが、昨日夜更かししたせいか、朝寝坊。。。(いつものことですが。。。)
で、結局朝ばたばたしているうちに時間がどんどんたってしまって、一次発酵しすぎてしまいました。フィンガーテストをしたら、プシューっと縮んでしまいました。もうこうなったらふかふかパンはあきらめるしかありません。
仕方なく、ピザを焼く事にしました。
でも、それなりにまあまあの見栄えでしょう?
オーブンレンジを自動ではなくて自分で設定して焼くのは、もう少し機種に慣れる必要があるみたいです。今までのがすごく時間がかかったので、ついつい焼きすぎてしう傾向があるようです。
それにしても、このオーブンレンジ、楽しくて毎日わくわくしています。

休日の朝ご飯2007年03月20日 00時02分23秒

何度もブログでのせていますが、休日はピザを手作りすることが多いです。
なんといっても、冷蔵庫の残り物でできるのが有り難いです。
しかも、この日は、スープも少しあやしげな「残り物」。
というのは、数年前にイギリス旅行をした時に買ってきたあやしげな「スープの素」を使っているのです。どういう風にあやしいかというと、イギリスで購入したのに、「作り方」は英語ではないのです。では何語かというとわかりません。中近東の文字?っぽくみえるのですが、アラビア語ではありません。(お湯をわかす絵とお湯の量の数字だけは読めたし、泡立て器で混ぜるのも絵で理解できたので多分作り方は間違ってはいないと思います。)

いつも海外旅行の時には帰国前日にスーパーに寄って大量の食料品を購入して帰ってくるのですが、その旅行の時はあいにくスーパーが早く閉店してしまっていて、どこもみつけることができず、ようやく見つけた深夜まで開いている雑貨店は明らかに中近東からの出稼ぎ労働者御用達風だったのです。
でも珍しいもの好きの我が家ではそれなりに楽しく買い物をして、お米とか小麦粉とかスパイス類を買いだめしました。その中で、49pと格安なスープの素があったので数種類購入してきたのです。アスパラガスのスープとかオニオンスープとかは味の想像がつくので、安全パイとしてすでに食べきっていたのですが、この、何のスープかわからない、しかも色とりどりのつぶつぶの入ったスープはこわくて今まで作ることができなかったのです。
意を決して作ってみたら、まあまあおいしかったです。ビーフコンソメスープみたいな感じ。
あれ?写真を確認したら、右の上の方にちょこっとしか写っていませんねえ。
子どもたちは気持ち悪がってあまり飲んでくれませんでした。
(それほど、見た目にも明らかに変でした。)

週末の失敗作・・・?2006年12月04日 23時28分53秒

ことの発端は、お父ちゃんが「そういえばお母ちゃんはベーグルは作らないの?」と言ったことです。梅田のベーグル専門店の横を通りがかった時のことです。
「えー作るよー。」と言ったものの、本で作り方を読んだことがあるだけで、本当に作ったことはありませんでした。
お母ちゃんとベーグルとの出会いは、学生時代にアメリカに留学していた時のこと。当時アメリカでは朝のカンファランスの時には必ずといっていいほど、コーヒーと軽食がつきました。(もちろんただで食べ放題。)
で、その時によく出されたのがベーグルだったのです。当時のお母ちゃんは何でも珍しくおもしろく感じていたし、初めて食べるベーグルのおいしさに結構感動していました。その後日本でもベーグル専門店などがちらほら出きはじめ、あまり珍しい食べ物でもなくなったので興味を失っていました。
この間その話題がでたので、久しぶりに食べたくなってしまいました。お父ちゃんは今夜こそ仕事から帰ってくる、という予定だったし。。。
昨日の日曜日、朝からごまちとごまにのお腹減ったコールにも負けず、こねこねし始めました。強力粉に対する薄力粉の割合が、普通のパンに比べるとずいぶんと多いですね。
さて、真ん中に穴をあけてぐるぐると穴を大きくする過程や、お湯でゆでる過程などなど、ごまちも横からみていて割合と楽しんだようです。
出来上がったベーグルは。。。
それなりの形にできあがりました。ちゃんとベーグルっぽいでしょ?
しかし、一口食べて、「か、た〜い!」
ベーグルってそんなもの、とわかっていても、やっぱりかたかったです。
ところが、普段なら普通のパンのみみですら「かたくていや〜」というごまちが、このベーグルに限って「かたいけどおいしいね〜」といってむしゃむしゃ食べてくれたのです。お母ちゃん大喜び。
一緒に成形して楽しかったからなのか、本当においしく感じたのか、お母ちゃんにはよくわかりません。
肝心のお父ちゃんは昨日はとうとう仕事から帰ってきませんでしたし。
(お父ちゃん1個だけ残っているので、今日こそかえってきてね。)
お母ちゃんとしては、どんなに固くても、「ベーグルってかたいものなのよ」と開き直ることができる分だけ、気楽に作れていいかも、と思ってしまいました。
それなりに噛めば噛むほど味はありますし。。。
今度は、ブルーベリー入りのも作ってみようかな。。。
ところで、ベーグルの写真を撮るとき、クリスマスのテーブルナプキンの上で写真を撮ろうとして、あっと思い立ってやめました。
クリスマスの飾りとはやっぱり拮抗するのかなあ。それともかまわないものなのかなあ。誰か知っていたら教えてくださいね。

休日のパン作り2006年11月07日 01時54分37秒

週末のパン作り。
ごまちもごまにもパンをこねこねするのが大好き。
ごまにはついお口に持って行ってしまうのであわてて止めるのですが、きょとんとして一応わかった風にうなづきながら、やっぱり口に持って行って食べようとしてしまいます。
ごまちの方は、ものすごく楽しそうにこねこねぐちゃぐちゃ。最近はまっている蛇の形を作るのに余念がありません。
ま、子供たちがこねた分は、はっきりいってふくらみも悪く舌触りも悪くなってしまうのですが、それはご愛嬌。
おいしいのを食べたいときには子供たちにはあまり触らせないのですが、今日はたくさん遊んでねーという時には思い切り汚してこねこねできるようにします。
子供の時のこういう遊びって大事かなーなんて思っているので、このことを子供たちが大きくなってから思い出してあたたかい気分になってくれればいいなーなんて思っています。

結婚記念日のハートのパン2006年08月26日 00時10分49秒

少し前の話になりますが、結婚記念日が今年はたまたま日曜日だったので、だんなさまとお休みをあわせて家族で過ごしました。(日曜でも家族がそろって過ごせるのは久しぶりのことでした。)
で、ハート型で二次発酵させたパンを焼いてみました。上にのっているのはガーリックです。(これがものすごいにおい。。。香ばしくておいしいのですが、翌日の仕事にさしさわるほどでした。)

休日のフォカッチャ2006年08月26日 00時06分45秒

先日、久しぶりに休日のフォカッチャを作りました。
最近はいろいろと忙しくてなかなか天然酵母の種作りもできないので、少し古い種(冷蔵庫で寝かせてあったもの)を使いました。ですから、ふくらみと食感が心配だったので強力粉と薄力粉のブレンドをやや薄力粉多めにしました。
久しぶりだったためか、とてもおいしく感じられました。やはり、オーブン内の霧吹きを十分することと、粗塩をふりかけることが決めてのようですね。