夏休みの旅行に行ってきました!2007年08月13日 01時40分31秒

今年の夏休みは、いつもの9月の連休ではなく8月にとりました。
(ごまちが小学生になったので、ごまちの夏休みにあわせての休暇です。とうとう我が家も典型的な航空券最高値の時期に夏休みをとらざるを得なくなってしまいました。)
土日を含めて8日間の旅行です。
疲れたけど楽しかった〜。
お父ちゃんおつかれさま。
今年もよろしくね。
(我が家は夏休みの旅行が一区切りなのです。)

写真はごまちの撮った写真です。

我が家は昆虫館2007年07月26日 00時37分23秒

最近ごまちがはまってしまっているのが、昆虫。
自称「虫取り名人」のごまちは、毎日毎日学童保育中に採取した昆虫の死骸だのせみの抜け殻だのもって帰ってきては観察に余念がありません。
先日はバッタを7〜8匹とダンゴムシとカミキリムシをお持ち帰り。(しかも生きたまま。。。)
お母ちゃんは悲鳴をあげそうでしたが、持ち帰りを禁止したい気持ちをぐっとおさえ、彼の興味をのばしてやろうと虫かごと野菜くずを用意してあげました。
(彼が持ち帰ったてんとうむしの入れ物の仲にセロリを入れてしまった前科あり。知らなかったのですが、セロリなど臭いのきつい野菜は昆虫がいやがるのですね。そのてんとう虫はその後まもなくはかなくなってしまいました。。。ごめんなさい。)

昆虫館でのイベントにもこの間参加しましたが、その時は昆虫の解剖をやってみよう、ということで、最初はバッタの解剖をしたようなのですが、その次に彼が選んだのはゴキブリ。。。。嬉々としてごきぶりの解剖がおもしろかったことを語る彼の様子にお母ちゃんとしてはあいまいにうなずくばかりでした。
その時持ち帰ったかたつむりの人参の食べ方やうんちの色などは、私には何の興味もありませんが、ごまちは目をきらきらさせて観察していました。
男の子って、おもしろい。。。
我が家のベランダには彼の持ち帰った昆虫のむしかごがどんどん並んでいっています。我が家が昆虫館化しそうで恐い今日このごろです。

万博公園に遠足2007年06月03日 05時11分12秒

ごまにの行っている保育所から万博公園へ遠足に行きました。
とってもよいお天気で、あついぐらい。
万博公園のよいところは、自分で遊べる空間がたくさんあることですね。
子どもたちが草っ原で走ったり竹とんぼをとばしておいかけたり鬼ごっこをしたり、園内も広いのでこころゆくまで一日楽しめました。

片鉄ロマン街道2007年05月19日 02時23分28秒

ゴールデンウィークに、家族で岡山までサイクリングに行ってきました。
片鉄ロマン街道、という最近整備されたサイクリングロードが岡山にあるのです。もともとは柵原鉱山から鉄鋼を運んでいた片上鉄道が廃線になった後、その鉄道敷をサイクリングロードとして再利用した道だそうです。鉄道跡なので、比較的平坦で走りやすく、吉井川の川沿いの美しい景色が楽しめる道です。
(以上、片鉄ロマン街道公式ホームページ受け売り)

ちょうど天気のよい日で、風もほとんどなく、快適にサイクリングを楽しめました。
鄙びた駅舎がそのままに保存されており、古い鉄道沿線の面影がかすかに残っているところもまたおもむきがあってよかったです。
ゴールデンウイーク中はちょうど新緑の濃い緑が楽しめる季節。道の両脇には、つつじや藤の花がところどころに咲いていて、場所によっては緑のトンネルのように道の両脇に濃い樹木が生い茂っている場所もありました。

と、気分よく走っていた間はよかったのですが。。。
この日の伏兵は、なんといつもおとなしいごま2でした。
前日富山に里帰りしてそのまま岡山まで行ったという強行軍がたたったのかもしれません。(なにしろ少ない休みの間に行きたいところがたくさんあったので。。。)
途中から機嫌がめちゃくちゃ悪くなり、途中でどうにもこうにも手がつけられなくなってしまいました。いつもどおりごま2はお母ちゃんの自転車の荷台にのっていたのですが、お兄ちゃんのように「自分でこぎたい」というのが彼女の主張だったようです。休憩のたびに、そしらぬ顔でお兄ちゃんの自転車にのっかり、さかんにアピール、そして無理矢理荷台のチャイルドシートに縛り付けられると「びえ〜〜ん!!!!」と大泣き。
おかげで、帰路はずーっと大声で泣き叫ぶ子どもをのせてサイクリングせざるを得なくなってしまい、農作業中の地元の人々からかなりな注目をあびることとなってしまいました。
眠さもあいまってなだめてもすかしても泣き止まず、仕方なくやはり荷台にしばりつけてさらに進むと、あるとき突然泣き声がやんで、気を失うように眠っていました。
かわいそうでしたが、この日車の場所までもどらなければ家に帰ることはできなかったわけですから仕方なかったのです。
それにしてもサイクリングロードとしてはかなりよい感じだったのに、少し心残りな街道でした。。。

てんぽうざんからおめでとう2007年01月01日 11時53分10秒

おめでとうございます(^-^)/
お父ちゃんがお仕事なので、ごまちとごまにと一緒に初詣に行こうとしたら、急にごまちが「海遊館いきたい」と言い出し、予定変更。
天気もよくってお散歩日和。ぺんぎんさんの行進も最前列でみれたし、朝早かったからか、天保山の観覧車も全然待たずに乗れたし、とっても楽しく過ごしました。
(恐がりのごまちとお母ちゃんがあの恐い観覧車に乗ろうと思ったのは天気のせいです。お母ちゃんはブログの更新記事を書くことに集中してなるべく気を紛らわして過ごした15分間でした。ごまにはぐっすり。。。)
海遊館も、朝早かったからか(開館とほぼ同時に入場)、結構じっくりみれました。ごまちは、入り口で売っていた海遊館クイズブック(シャープペンシルと消しゴムつき300円)を片手に、一つ一つの水槽の前でクイズに挑戦。例えば、あるコーナーでは、うつぼの絵が描いてあって「本物と違う部分をマルで囲んでね」という質問。うつぼの水槽の中ではあの、海遊館の顔の一つであるマンボウ君がゆったりと泳いでいたのに、ごまちはマンボウには目もくれず。「ほら、マンボウがきたよ」と言っても「そんなのどうでもいいから。。。」とウツボの方にばかり注目していました。

琵琶湖畔の休日2006年10月15日 10時45分02秒

お父ちゃんのお仕事で琵琶湖に来ています。
午前で仕事が終わったらどこに遊びに行こうかな。

Honolulu Century Ride 2006に参加してきました2006年10月03日 02時19分09秒

2006年9月24日に開催された、ハワイホノルルセンチュリーライドに参加してきました。ホノルルマラソンは有名ですが、センチュリーライドはその自転車版とでもいいましょうか。家族全員で参加できることが何より魅力で、今年の夏休みをその日にあわせて調整して、家族全員で行ってきました。
月並みな言葉ですが、青い空、朝日に輝く海、最高の景色の中で家族全員が50マイル(約80km)を完走することができました。
もちろん、ごま2はお母ちゃんの自転車の荷台に乗っかっただけの参加でしたが、なんと参加約4000人の中で最年少だったとか。ごまちは二人乗り自転車でお父ちゃんの後ろでしっかり自分も自転車をこいで参加しました。本当に、ごまちがこんなにがんばれるとは。。。予想以上にがんばったごまちが一番のがんばり賞と思います。
普通だったら走れないような距離を、難なく走れてしまうところが、ハワイの魅力なのだと思います。見知らぬ参加者同士も、全員が声をかけあって、みんなでゴールしたという感じ。

いつもおもしろいことを見つけてきてくれるお父ちゃんに惚れ直した一日でした。